だれでもかんたん陸マイルでGO!

だれでもかんたんに数ヶ月で10万マイル以上貯める方法

MENU

ANA SFC修行3日目 シンガポール~修行の合間に観光も楽しもう!後編・おしゃれスポットマリーナ地区を巡るの巻~

f:id:sk2sada:20170530182551j:plain

2017年5月修行行程

☆リンクをクリックすると各レグの記事を見られます。

レグ 便 路線 予約クラス
1 1 ANA087 11:55~14:55 羽田ー宮古 プレミアム株主優待割引
2 1 NH088 15:40~18:15 宮古ー羽田 普通席(旅作タイムセール)
→プレミアムクラス(当日アップグレード)
3 1 ANA479 20:00~22:35 羽田ー那覇 プレミアム株主優待割引
4 2 ANA2158 12:20~15:00 那覇-成田 プレミアム株主優待割引
5 2 NH803 17:00~23:15 成田ーシンガポール プレミアムエコノミー:E(旅作タイムセール)
ビジネス:I(マイルアップグレード)
  3 シンガポール観光前編後編
  4 シンガポール観光・空港ラウンジ巡り
6 5 NH804 00:35~08:45 シンガポールー成田 プレミアムエコノミー:E(旅作タイムセール)
ビジネス:I(マイルアップグレード)
7 5 NH087 11:55~14:55 羽田ー宮古 普通席(旅作タイムセール)
8 5 ANA088 15:40~18:15 宮古ー羽田 プレミアム株主優待割引

シンガポール、リトルインディアのローカルフード巡りを終え、お腹いっぱいになり一息ついたところで、夕方になったのでマリーナ地区に移動しました。

マリーナ地区はマリーナベイサンズやガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、シンガポールフライヤーなどの見所がいっぱいの地区です。

7年前に訪れたときにはまだマリーナベイサンズやガーデンズ・バイ・ザ・ベイはありませんでした

日々進化しているシンガポールを味わうために、マリーナ地区のレポートをお届けします。

EZ-link購入、バスでマリーナ地区へ

f:id:sk2sada:20170530174928j:plain

今までずっとUberか徒歩の移動でしたが、ここに来て初めてバスに乗るために、シンガポールのSuicaのような存在である『EZ-link』を購入しました。

『EZ-link』はシンガポールの鉄道、バスのほか、駐車場やコンビニ、スーパーマーケットの決済にも使えるようになってきたそうです。

使える場所は以下の通りです。

  • 鉄道・・・SMRT・SBS TransitのMRT・LRT全線
  • バス・・・SBS Transit・SMRT
  • スーパーマーケット・・・Cold Storage

私はホテル近くのセブンイレブンで購入しました。

購入代金は10ドルで、内5ドルはカード代です。(使用しなくなればカードを返却し、返金されます。)

セブンイレブンのお兄さんから、

「5ドルじゃチャージ足りないでしょ?もう少しチャージしない?」

と言われたので、追加でさらに5ドルチャージしました。すると、お兄さんが、

チャージ代50セントね!」

ということで、まんまとセブンイレブンを50セント儲けさせてしまいました。

調べてみるとMRTの駅でのチャージには手数料がかからず、セブンイレブンでのチャージには手数料がかかるようなので注意が必要です。

日本のSuicaの感覚でいるとチャージ代は取られないという認識だったので、次からは気を付けます。

バスに乗り込み、端末にタッチしてマリーナ地区へ移動します。  

 

マリーナ地区さんぽ

バスを降りてHelix Bridgeを徒歩で渡ります。 

f:id:sk2sada:20170530180217j:plain

f:id:sk2sada:20170530180323j:plain

Helix Bridgeからはマリーナベイサンズ、シンガポールフライヤー、対岸にはマーライオン像が見えます。

橋を渡りきると、ベイ・サンズの大型ショッピングフロアである『The shoppes at Marina Bay Sands』があります。

 

f:id:sk2sada:20170530180535j:plain

今回はこちらでは買い物をしないので、中を通り抜け、外のウッドデッキを通り抜けます。

すると、空中渡り廊下でほんの少しだけマリーナ・ベイ・サンズの中に入ることができます

 

ベイ・サンズの巨大ロビー、上階は宿泊室

f:id:sk2sada:20170530180724j:plain

いつかは泊まりたい!

f:id:sk2sada:20170530180758j:plain

マリーナ・ベイ・サンズの空中廊下を通り抜けるといよいよ目的地である『ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ』が見えてきました。

今回はHelix Bridge→The shoppes at Marina Bay Sands→外周のウッドデッキ→ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのルートで歩きました。Helix Bridgeやウッドデッキからのマリーナの眺めはとても気持ちが良かったですが、若干長く歩く必要があります(20~30分ほど)

ですので、脚に自信が無い方や時間の無い方は、マリーナ・ベイ・サンズの目の前まで来るバスもあるようなので、そちらを利用することをお勧めします。

f:id:sk2sada:20170530180905j:plain

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ探索

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは広大な土地に色々な庭園や植物があります。後述のフラワードームやクラウドフォレストなどは有料でチケットを購入する必要がありますが、庭園を楽しむだけであれば無料です。

 

その中でも見所の3カ所を中心に探索しました。

1.フラワードーム

f:id:sk2sada:20170530181515j:plain

f:id:sk2sada:20170530181635j:plain

巨大なドームの中に色々な花が植えられています。

世界各国を地域別に分けて展示されています。

 

2.クラウドフォレスト

f:id:sk2sada:20170530181737j:plain

ドームの中に巨大な滝があります。

この滝の下から、中から、上から見学でき、たくさんの種類の蘭の花が植えられています。

f:id:sk2sada:20170530181847j:plain

f:id:sk2sada:20170530181912j:plain

夕方からはライトアップもされます。

f:id:sk2sada:20170530181944j:plain

3.OCBCガーデン・ラプソディ(ショー)

あたりも暗くなってきたところでショーの時刻となったので、スーパーツリー・グローブに移動します。こちらのショーは無料で鑑賞できます。

f:id:sk2sada:20170530182551j:plain

f:id:sk2sada:20170530182609j:plain

今回はスターウォーズがテーマの音と光のショーでした。

特に観覧席は無いので、みなさん地面や階段に座ったり、床に寝転んで楽しんでいました。

 

お腹が減ったのでサテー・バイ・ザ・ベイへ

 

夕ご飯の時間になったので、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの一番奥にあるサテーの屋台とホーカーズがある『サテー・バイ・ザ・ベイ』へ向かいました。

f:id:sk2sada:20170530183428j:plain

数件のサテー屋台があり、店員さんが呼び込みをしています。

f:id:sk2sada:20170530183520j:plain

炭火でこんがりサテー(マレー風焼き鳥)や海産物などを香ばしく焼いています。

基本的にどのサテー屋台も値段が変わりません。

セット料理が中心ですが、サテー1本からでも焼いてくれますので、私のようなお一人様でも安心です。サテー1本は0.7ドル(約60円)でした。

f:id:sk2sada:20170530183732j:plain

私はサテー10本(牛・羊・豚)を屋台で頼み、エッグプラタ(店主オススメのフィッシュカレー添え)とアボカドマンゴーシェイクをホーカーズで頼みました。このボリュームで1,000円以内です。

サテーはマレー風の本格的なものでとてもおいしかったです。

お腹も満たされたので、ホテルへ帰ります

再びマリーナ沿いを歩き、来た道を戻り、バス停へ戻ります。(30分ほど歩きます)

f:id:sk2sada:20170530184136j:plain

f:id:sk2sada:20170530184204j:plain

夜のマリーナも見事です。

3日目・後編のまとめ

  • Ez-linkセブンイレブンでチャージすると手数料を取られる。
  • ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは無料でも楽しめるスポット。ただしたくさん歩きます。
  • ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ夕方頃行くと、夕景~ショー~夜景が楽しめるのでオススメ。
  • サテー・バイ・ザ・ベイサテーは1本からも注文でき、お一人様でも楽しめる。ただし、たくさん歩きます

次回は4日目。いよいよシンガポール最終日です。

3日目の行程まとめ

f:id:sk2sada:20170530185005p:plain

今回の修行の予約の詳細はこちら

www.mile2017.net

 

お問い合わせはこちらのフォームへ

スポンサーリンク